GMOとくとくBBのv6プラスで今まで使っていたIPv6非対応の無線LANルーターは使えるの?

どうもヨシヒサです。
最近ドコモ光で利用しているプロバイダーをBB.excite(IPv4 PPPoE)からGMOとくとくBB v6プラス(IPv6 IPoe+IPv4 over IPv6)に変更したのですが、その時の疑問が調べてもわかりにくかったので記事にしてみました。

この記事はネットワークに詳しい人には当たり前だと思うことしか書いていません。
もしかしたら同じようなことを思っている方もいるかもしれませんのでそんな方に参考になれば幸いです。

この記事を読んでわかること
・GMOとくとくBBのv6プラスで今まで使っていたIPv6非対応の無線LANルーターは使えるか
・GMOトクトクBBを使ってみた感想
がわかります。

私が疑問に思ったこと

私が疑問に思ったことはドコモ光のプロバイダーをBB.exciteからGMOとくとくBBに変更した時にこれまで使っていた機器の

  • 無線LANルーターやスイッチングハブ
  • 有線で接続しているTVやブルーレイレコーダー、ゲーム機
  • 無線LANルーターのWi-Fiで接続しているゲーム機やスマートフォン

など、これらの機器はこれまで通り問題なく使用できるのかということでした。

ドコモ光やGMOとくとくBBに問い合わせした結果

結論としては条件はあるが使用することが出来るということでした。

外から宅内に入ってきた光回線の線がONU(光回線終端装置)やひかり電話があるとHGW(ホームゲートウェイ)に繋がっていると思います。
下に説明していますがそれぞれ少し条件が違いますが使用することが出来ます。

ONUの場合

ONUではONUの次に接続している無線LANルーターなどの機器がIPv6に対応している必要があります。
そのIPv6に対応している無線LANルーターなどの機器が(IPv6 IPoe+IPv4 over IPv6)でインターネット網に接続します。
そのためONUの次に接続している無線LANルーターなどの機器の後ろに繋ぐ機器については特別古い機器でない限りは問題なく使用することが出来るようです。

HGWの場合
HGWではHGW自体がIPv6に対応している機器とIPv6に対応していない機器がありますが対応していない機器については交換をお願いしましょう。HGWがIPv6に対応している機器ですとHGWが(IPv6 IPoe+IPv4 over IPv6)でインターネット網に接続します。
そのためHGWの機器の後ろに繋ぐ機器については特別古い機器でない限りは問題なく使用することが出来るようです。

私がわかりにくかったのがどこからどこまでが対応している必要があるのかというところでした。
ドコモ光やGMOとくとくBBに問い合わせたところ外から来た信号をどこで処理するかがポイントでした。
外から来た信号を処理した後の部分については今まで使っていた機器をそのまま使用できます。

まとめると、
・IPv6対応の無線ルーターまたはIPv6対応のHGWが1台は必要。
・IPv6に対応している機器より後ろに繋ぐ機器は特別古い機器でない限りは問題なく使用することが出来る。

私の家のネット環境

私の家のネット環境は現在はドコモ光でプロバイダーはGMOとくとくBBです。
ひかり電話の契約でHGWがレンタルされていてHGWが外から宅内に入っている光回線の終端装置でありIPv6対応機器でもあります。

HGWには有線接続ポートが4つあってそれぞれ有線で接続しています。
現在問題なくインターネットを使用できているので参考になるかわかりませんが機器の型番とともに説明します。

HGW(PR-400NE)から

  1. テレビ(TOSHIBA REGZA 32V31)
  2. 無線ルーター(IPv6非対応のNEC Aterm WG2600HP2)
  3. スイッチングハブ(Logitec LAN-SW08/PHBD)
    ┗テレビ(Panasonic VIERA TH-L37R1)
    ┗無線LANルーター(バッファロー WHR-HP-G)
     ┗テレビ(TOSHIBA  REGZA 32G9)
     ┗テレビ(TOSHIBA  REGZA 19S11)
     ┗ノートパソコン(ASUS K53E)
  4. 無線LANルーター(IPv6対応のNEC Aterm WG2600HS)
    ┗テレビ(TOSHIBA REGZA 32ZS1)
    ┗ノートパソコン(NEC PC-GN276ACAA)
    ┗BTOパソコン
    ┗スイッチングハブ(バッファロー LSW4-GT-5EPL-WH)
     ┗ブルーレイレコーダー(SHARP AQUOSブルーレイ BD-HW51)
     ┗プリンター(brother DCP-J957N)
     ┗ゲーム機(PlayStation 3)
     ┗ゲーム機(PlayStation 4)

他にWi-FiでApple iPhone 8・dtab d-01J等を使用していますが問題なく使用できています。

GMOとくとくBBを使ってみた感想とお得なポイント

①通信速度が速くなった

変更前のBB.exciteの(IPv4 PPPoE方式)からGMOとくとくBB v6プラス(IPv6 IPoe方式+IPv4 over IPv6技術)へとネットワークの方式が変わっているので当たり前といえば当たり前かもしれませんが通信速度が速くなりました。
スピードテストで計測したところ私の家の環境では倍以上に速くなりました。

②YouTubeも高画質で快適

Youtubeの動画を観るのも以前は画質の設定を480pより上げると動画が止まるのでそれ以上画質を上げることが出来ませんでしたが今は1080p60HDに画質を設定しても動画が止まることなく快適に観ることが出来ています。

③ドコモ光ならIPv6対応無線LANルーターがレンタル出来てさらに37ヶ月利用で返却不要!

通信速度に関しては住んでいる場所や環境によって必ずしも速くなるとは言えませんが、
GMOとくとくBBで採用しているv6プラス(IPv6 IPoe方式+IPv4 over IPv6技術)でインターネット接続するためにはフレッツ光・ドコモ光・auひかりで契約してGMOとくとくBB等のプロバイダーに加入しさらにIPv6対応の無線ルーターまたはIPv6対応のHGWが1台は必要になりますが、

ドコモ光のGMOとくとくBBならWi-Fiルーターレンタルサービスがありますので端末を購入しなくても済みます。
しかも37ヶ月間利用でWi-Fiルーターの返却は不要なので長期で利用する予定があれば月々の利用料金のみでv6プラス(IPv6 IPoe方式+IPv4 over IPv6技術)でインターネットをはじめることが出来ます。

④新規入会ならキャッシュバックなどのお得な特典あり!
(2020年7月1日時点)

フレッツ光

フレッツ光新規開通でプロバイダー料金最大12ヶ月無料
ギガスマートプランなら「無線LAN対応ルーター」が無料レンタル!
にねん割適用でフレッツ光月額料金2年間で最大16,800円割引!
ギガ推し!割引適用でフレッツ光月額料金30ヶ月間で最大9,000円割引!
年中無休のサポート窓口

ドコモ光

新規工事料無料
20000円キャッシュバック
最大2000pt dポイントプレゼント
IPv6対応の無線LANルーターがレンタル0円
適用条件があります

auひかり

月々の利用料金が一定期間安く使える
合計最大50,000円キャッシュバック
適用条件があります

今回私はドコモ光間でのプロバイダー変更のみでしたので無線LANルーターがレンタル0円くらいしか特典が受けられなかったのでうらやましく思いました。

GMOとくとくBBのv6プラスで今まで使っていたIPv6非対応の無線LANルーターは使えるかまとめ

・IPv6対応の無線LANルーターまたはIPv6対応のHGWが1台は必要。
・IPv6に対応している機器より後ろに繋ぐ機器は特別古い機器でない限りは問題なく使用することが出来る。

前プロバイダのBB.exciteの(IPv4 PPPoE方式)で使っていたIPv6非対応の無線LANルーター、ネットワークハブ、TV、ブルーレイレコーダー、ゲーム機
無線LANルーターのWi-Fiで使用していたゲーム機、スマートフォン、タブレットは、
GMOとくとくBB v6プラス(IPv6 IPoe方式+IPv4 over IPv6技術)でもIPv6対応の無線ルーターまたはIPv6対応のHGWの後ろに繋ぐなら問題なく使用することが出来ています。

私の環境では通信速度が速くなりYouTubeも快適に観ることが出来るようになりました。

お得な特典もあるGMOとくとくBBもインターネット回線契約するなら検討してみてもいいかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。
以上GMOとくとくBBのv6プラスで今まで使っていたIPv6非対応の無線LANルーターは使えるかでした。

 

最新情報をチェックしよう!