フレッツ光からドコモ光に転用ならフレッツ光のセキュリティーソフトがそのまま使える?

どうもヨシヒサです。
今までフレッツ光を利用していたのですがドコモ光に転用しました。
その際にフレッツ光の時に使っていたセキュリティーソフトは使えなくなってしまうのか?
ということを記事にしました。

この記事を読んでわかること、
・フレッツ光からドコモ光に転用した場合セキュリティーソフトが使えるか?
がわかります。

フレッツ光からドコモ光への転用の場合セキュリティーソフトは使えるのか?

フレッツ光のセキュリティーソフトはNTT東日本とNTT西日本で提供しているセキュリティーソフトが異なります。

NTT東日本:ウイルスクリア
NTT西日本:セキュリティー対策ツール(ウイルスバスター) 

NTT東日本エリアの場合

結論:NTT東日本のウイルスクリアはドコモ光転用後も利用可能

NTT東日本のウイルスクリアはドコモ光転用後も利用することはできますが、
引き続き有料で利用することになります。

ウイルスクリア利用料金

利用可能台数

3台まで

利用料金 400円/月
追加契約 1台ごとに150円/月

NTT西日本エリアの場合

結論:NTT西日本のセキュリティー対策ツールはドコモ光転用後も利用可能

NTT西日本のセキュリティー対策ツールであれば、
ドコモ光転用後も1ライセンス(パソコン1台分)に限り利用可能です。

一部のブログではドコモ光転用後にNTT西日本のセキュリティー対策ツールは継続して利用できないと書いているブログもありますが、
私がドコモ光に転用した現在もNTT西日本のセキュリティー対策ツールを利用していますので利用できないというのは間違いです。

ただし、フレッツ光利用時にセキュリティー対策ツールをインストールしておく必要があり、
ドコモ光転用後に新たにセキュリティー対策ツールをインストールすることはできません

次にフレッツ光からドコモ光に転用すると変わるポイントを次の項目にまとめました。

フレッツ光からドコモ光に転用すると変わるポイント

NTT東日本エリア

フレッツ光
・フレッツ光メンバーズクラブの限定コンテンツやポイントプログラムがある。
・フレッツ光月額料金とプロバイダ料金をそれぞれ支払う必要がある。

ドコモ光
・フレッツ光よりも月額料金が安くなる。
・ドコモ光はプロバイダ料金込みで支払いになる。
・ドコモユーザーであればスマホ料金が毎月最大1,000円割引になる。

NTT西日本エリア

フレッツ光
・CLUB NTT-Westのポイントプログラムやプレゼントキャンペーンがある。
・フレッツ光月額料金とプロバイダ料金をそれぞれ払う必要がある。
・セキュリティー対策ツールが1ライセンス分無料で付いてくる。

ドコモ光
・フレッツ光よりも月額料金が安くなる。
・ドコモ光はプロバイダ料金込みで支払いになる。
・ドコモユーザーであればスマホ料金が毎月最大1,000円割引になる。
・【転用の場合のみ】セキュリティ対策ツールが1ライセンス(パソコン1台分)継続して利用できる。

NTT東日本エリア・NTT西日本エリアどちらも月額料金が安くなることと、
ドコモユーザーであればスマホ料金が毎月最大1,000円割引になるのでお得になるのでおすすめです。

ドコモ光の対応プロバイダ内で乗り換えてもセキュリティーソフトは使えるの?

結論:BB.exiciteからGMOとくとくBBに乗り換えてもセキュリティーソフトは使えます。

フレッツ光の時からプロバイダはBB.exiciteを利用していてドコモ光に転用後も利用していましたが、
ドコモ光は対応プロバイダがタイプAとタイプBがあり料金が異なります。

ドコモ光タイプ別料金表

  マンション 戸建て
タイプA 4000円/月 5200円/月
タイプB 4200円/月

5400円/月

 

BB.exiciteはタイプAなのですが、フレッツ光の時は、
フレッツ光の月額料金(戸建て)5700円(税抜)+プロバイダ月額料金の500円(税抜)で合計6200円(税抜)で、
プロバイダの料金が安いことによって月額料金を抑えるメリットがありましたが、
ドコモ光だとフレッツ光では月額料金1000円以上のプロバイダも同じタイプAの中から選べて料金が同じになるので、
どこか損している気がするのとIPoEIPv6接続による高速化サービスの利用にはBB.exiciteは+700円が必要になり、
更に高速化サービスにも興味が出てきてBB.exiciteを利用するメリットがなくなったため他のプロバイダに乗り換えようと思いました。

そして私はプロバイダをGMOとくとくBBに乗り換えましたが、
フレッツ光からドコモ光に転用した後にプロバイダが変わってもNTT西日本のセキュリティー対策ツールを引き続き利用しています。

次はGMOとくとくBBにした理由とおすすめポイントを紹介します。

ドコモ光でおすすめのプロバイダはGMOとくとくBB

私がGMOとくとくBBにした理由はドコモ光のタイプAの対応プロバイダであることです。
タイプAのままなら月額料金に変わりなく高速化サービスを利用できるからです。
他のGMOとくとくBBのおすすめポイントは下記にまとめました。

GMOとくとくBBのおすすめのポイント

①無線で繋いでもっと便利に!高性能Wi-Fiルーター無料レンタル

ドコモ光をご契約なら、v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターを0円でレンタルできる。

メーカー 型番 最大通信速度(5.0GHz帯)
BUFFALO WSR-2533DHP3 1733Mbps
NEC Aterm WG2600HS 1733Mbps
ELECOM WRC-2533GST2 1733Mbps

他のプロバイダのルーターに比べて高性能なルーターを無料でレンタル出来ます。
3機種とも性能・スペックに大きな違いはないためどれを選んでも良いと思います。

②v6プラスで速度に自信

次世代技術v6プラス採用!
v6プラスとは…
従来のフレッツ光接続方式はPPPoE接続方式ですが、GMOとくとくBB「v6プラス」では速度遅延を起こしているボトルネックを解消するIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6の接続方式を採用しています。
例えるとすれば普通の高速道路ではなく料金所の無い高速道路といったところでしょうか。

③大容量コンテンツもサクサク繋がる

私が違いを感じたのがYouTubeですが、BBexiciteの時は画質が480pより高画質に設定すると、
カクカク止まってしまい高画質に設定することができなかったのですが、
GMOとくとくBBに変わってからは画質を1080p60に設定しても止まることなく視聴することができるようになりました。

④ドコモ携帯代を毎月割引

ドコモ光家族全員毎月最大1000円永年割引※
※ギガホ・ギガライト契約者の方が対象
ファミリー割引グループ内の「ギガホ」「ギガライト」をご利用している全回線のスマホ月額料金から割引となります。

⑤GMOとくとくBB限定!!WEB申込限定特典をご用意!

ドコモ光と同時に映像サービスをお申込みの場合、さらにキャッシュバックを増額!
最大20000円のキャッシュバック特典がGMOとくとくBBならあります。

⑥お客様満足度No.1

プロバイダ広域企業 第1位(2019年オリコン顧客満足度調査)
ご満足の声96.8% GMOとくとくBBのドコモ光をご利用のお客さま対象「とても満足」「満足」と回答した方の割合(アンケート期間:2019年5月22日~6月4日)

⑦光の通信速度を公開

全国平均 下り速度 333.48Mbps 上り速度 297.43Mbps
※2019年11月16日~2020年8月4日 全国合計 1,711件(有線LANでの計測結果)

⑧らくらく手続き設定不要!

利用開始まで面倒な手間要らず
GMOとくとくBBの「v6プラス」は設定不要!つないで、30分待つだけで設定完了!
※光電話を契約、またはWi-Fiルーターレンタルサービスをお申込みいただくと、接続ID・パスワードの設定が不要になります。

⑨dカードGOLDで支払うとdポイントがもらえてさらにお得!

以上がGMOとくとくBBのおすすめポイントです。

フレッツ光からドコモ光×GMOとくとくBBに乗り換える大まかな流れ

①フレッツ光から乗り換えの場合、転用承諾番号(事業者変更承諾番号)を取得する
転用でドコモ光に乗り換える場合、同じフレッツ光の光回線をサービスに使うため新たに工事を行う必要がありません。

工事費や立ち合い工事の手間なく乗り換えが完了しますが、その前にNTTや乗り換え前の回線に承諾番号を発行してもらう必要があります。

転用承諾番号はNTT西日本・NTT東日本に問い合わせることで取得できます。
下記のNTTの受付窓口に電話して、発行してもらいましょう。

NTT東日本:0120-140-202 受付時間 午前9時~午後5時
NTT西日本:0120-553-104 受付時間 午前9時~午後5時 
NTT西日本はインターネットでのお手続きも可能です。
インターネットでのお手続きはこちら

転用承諾番号の有効期限は発行から15日間です。
15日以上経過するとその番号は無効となり、再度発行する必要があります。
転用承諾番号を発行したら15日以内に乗り換えの手続きを行ってください。

②GMOとくとくBBに申し込む
申し込むところにより特典の内容などが違う場合がありますので下記のリンクから申し込まれることをおすすめします。

③GMOとくとくBBから電話連絡を受ける
申込後、GMOとくとくBBの担当者から電話連絡がかかってきます。
その際に細かな契約内容の確認や条件の確認などを行います。
確認の電話で申込みが完了したことになります。

④wifiルーターの無料レンタルサービスを申し込む
GMOとくとくBBのレンタルルーターは、ドコモ光の契約とは別に申し込みが必要です。
申し込みは3つのいずれかの方法でできます。
・SMSで手続きする
・BBnaviで申込み手続きする
・申し込みフォームで手続きする
ルーターは支払い方法や申し込み時期などによって到着するタイミングが異なります。
多くの場合、工事日から7営業日前後で発送されるため、工事日を過ぎても届かないという場合でも1週間ほど待ちましょう。

Wifiルーター無料レンタルサービスは自動的にレンタルされる訳ではなく申し込みが必要ですので、
忘れないように申し込みをしましょう。

⑤無線LAN(wi-fi)の設定手続きをする
工事が終わったらGMOとくとくBBのルーターを接続しましょう。
・自宅に届いたGMOとくとくBBのルーターをLANケーブルでNTTからレンタルしている終端装置(ONU)などに繋いでからルーターの電源を入れる。
・2分ほど待ち、インターネットに接続できるかどうか確認する

以上がフレッツ光からドコモ光×GMOとくとくBBに乗り換える大まかな流れになります。

フレッツ光からドコモ光に転用ならフレッツ光のセキュリティーソフトがそのまま使える?まとめ

フレッツ光からドコモ光への転用の場合セキュリティーソフトは使える。
・ドコモ光の対応プロバイダ内で乗り換えてもセキュリティーソフトは使える。
・ドコモ光でおすすめのプロバイダはGMOとくとくBB。

最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでも参考になれば幸いです。
以上、フレッツ光からドコモ光に転用してもフレッツ光のセキュリティーソフトが使えるか?でした。

インターネット
最新情報をチェックしよう!